予約受付

望月眼科

0356080061

望月眼科

小児眼科

小児眼科pediatric ophthalmology

お子様の視力発達は、生まれてから10歳くらいまで綿々と続きます。この間に視力をさまたげることがあると、視力が十分育たず弱視となってしまうこともあります。
小児の場合は、視力検査にきちんとお返事できるようになってくるのは、個人差も大きいですがおおむね3歳ごろからです。一方、効果的な弱視治療は視力発達が活発な就学以前に行うのが理想ですので、早期発見・早期治療が大切です。

弱視の原因にもよりますが、多くはメガネやアイパッチ(治療用眼帯)が使われます。
このメガネ・アイパッチを装用したお子様を「かわいそう」と思う親心が、ときにこれらの治療中断につながってしまうこともあるのですが、いっときの感情でお子様の一番大切な治療時期を逃さないためには、親御さんも耐える大きな愛情が必要となるときもあります。
斜視についても専門的検査が可能です。

診療案内

  • 白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 眼瞼下垂
  • 小児眼科
  • 一般眼科
pagetop