望月眼科

0356080061

診療予約はこちら

望月眼科

レンズの種類

レンズの種類lens type

多焦点眼内レンズとは

従来の眼内レンズは単焦点レンズといって、メガネなしではピントがある特定の距離にしか合いませんでしたが、最近「多焦点眼内レンズ」という、遠くと近くの主に2箇所にピントが合う眼内レンズが認可されました。
わかりやすく言い換えれば「遠近両用」の眼内レンズです。もともとのご自身の眼の状態により、完全にメガネから解放されるという保証はできませんが、メガネを必要とする頻度をかなり減らすことができます。 一方、このレンズは眼に入ってくる光を遠くと近くに振り分ける光学設計であり、ピントの合った距離での見え方の「くっきり感」は、単焦点レンズに比べると若干劣り、また夜間にライトがぎらつくなどのデメリットを感じる方もおられますので、患者さまの職業やライフスタイルによってはお勧めできない場合もあります。
老眼鏡などのメガネをかけることに抵抗がない方は、従来の単焦点眼内レンズで十分な場合も多いと思いますが、メガネなしで遠近とも見えるというメリットに魅力を感じる方は、多焦点眼内レンズを検討する価値があると考えます。

多焦点眼内レンズと、
単焦点眼内レンズの違い

保険診療で行われる通常の白内障手術で入れる眼内レンズは、単焦点の眼内レンズを使用します。このレンズは調節機能がなく、焦点(ピント)が合う範囲は1点になります。このため、術後はそれを補正するための眼鏡が必要になります。
例えば遠くに焦点をあわせた場合には近用の老眼鏡が必要となり、手元に焦点をあわせた場合は遠くをみるため(近眼用)の眼鏡が必要となります。

1.単焦点眼内レンズを遠距離に
焦点を合わせた場合

近距離は見ずらいが遠距離は見やすい。

この欠点を補うために開発されたのが多焦点眼内レンズです。 多焦点眼内レンズは、遠近両用コンタクトと理論的には同じで、遠中や遠近距離に焦点を合わせることできます。

単焦点眼内レンズ

2.多焦点眼内レンズを近距離と
遠距離に焦点を合わせた場合

近距離と遠距離が見やすい。

ただ、レンズの構造が複雑なために、単焦点レンズに比べると、暗所で光が散乱し、光の周辺に輪が架かって見える現象(ハロ・グレア現象)やコントラスト感度の低下(見え方の質の微妙な低下)が、起きる場合があります。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、普段メガネなしで生活できる場合が多くなり、便利で喜ばれるレンズではありますが、「なんでも見える(20代のころのような)万能のレンズ」ではありません。また、患者様のもともとの眼の疾患や状態、職業やライフスタイルなどによってご自分には合わない場合もあります。術前のしっかりした医師との相談が大切になります。

診療案内

  • 白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 眼瞼下垂
  • 小児眼科
  • 一般眼科

墨田区ドクターズ

pagetop